ひがしかわワイン「Kitoushi」の葡萄、セイベル収穫の季節がやってきました!

東川町では、町内産100%のぶどうを使ったワイン「Kitoushi」を毎年生産しています。
今年も、美しく実った「セイベル」という種類のぶどうを、手作業でひとつひとつ丁寧に収穫しました。

風味が凝縮されたこぶりの果実をじっくりと熟成させることで、力強く深みのあるひがしかわワイン「Kitoushi」が生まれます。醸造は、岩見沢の10R(トアール)ワイナリー。

今年も、「ひがしかわ株主制度」での予約の受付を11月中旬ごろに予定しています。情報解禁までもう少しお待ちください。

PREV