ひがしかわ株主ファーム2020

【ひがしかわ株主ファーム2020】           ひがしかわ株主ファームでは、東川で育まれた新米や野菜などの農産物を旬の時期にお送りします。       都市間の移動や買い物等の外出が難しい状況が続いている中で、株主様ご自身はもちろん、遠方にお住いのご家族やご友人へのご支援としても、定期的に新米や新鮮な野菜などの農産物をお届けできる、ひがしかわ株主ファームをご利用してみてはいかがでしょうか。          全国の方々の「おうち時間」を少しでもより豊かなものに。 大変な時期ではありますが、今だからこそ、HIGASHIKAWA MADEの農産物を是非ご賞味ください。

+

豊かな食と文化を育む
HIGASHIKAWA MADE

 

【ひがしかわ株主ファーム2020】

新米東川米・野菜など旬の農産物を定期的にお届けします。

ひがしかわ株主ファームでは、東川で育まれた新米や野菜などの農産物を旬の時期にセットとしてお送りします。

また、セットのお送りに合わせて農産物の生育状況や生産者の声などを「株主ファーム通信」としてお知らせします。

東川の天然水と農家のこだわりにより育まれたHIGASHIKAWA MADEの農産物を、ひがしかわ株主の皆様と共に分かち合い、豊かな食と文化を育んでいくことができれば幸いです。

内 容

東川町へふるさと納税の投資により、旬の農産物を詰め合わせにして定期的に配送いたします。
以下の3コースからお好きなコースをお選びください。

【ご確認事項】

株主ファームは、東川町への投資(ふるさと納税)による申込となります。

東川町への投資はふるさと納税として、寄附控除の対象となります。

配送につきましては、天候・収穫の状況により時期や内容が変更となる場合がありますので、ご了承くださいませ。

 

2ヶ月-Bコース:20,000円

【内 容】

8月「スイートコーンセット」

スイートコーン:7本、ブロッコリー:2株、アイコ(ミニトマト):500g、ほうれん草:1袋

10月「新米東川米セット」

【白米】東川米ゆめぴりか:5kg、【白米】東川米ななつぼし:5kg

4ヶ月-Bコース:40,000円

【内 容】

7月「夏の野菜セット」

大玉トマト:1P、アイコ(ミニトマト):500g、ブロッコリー:2株、ほうれん草:1袋、ピーマン:2袋、旭岳源水(2L):1本

8月「スイートコーンセット」

スイートコーン:7本、ブロッコリー:2株、アイコ(ミニトマト):500g、ほうれん草:1袋

9月「秋の野菜セット」

かぼちゃ:2玉、椎茸:1P、にんじん:1.5kg、大玉トマト:1P、ブロッコリー:2株、ピーマン:2袋、こしみそ:500g、旭岳源水(2L):2本

10月「新米東川米セット」

【白米】東川米ゆめぴりか:5kg、【白米】東川米ななつぼし:10kg(5kg×2袋)

6ヶ月-Bコース 60,000円

7月「夏の野菜セット」

大玉トマト:1P、アイコ(ミニトマト):500g、ブロッコリー:2株、ほうれん草:1袋、ピーマン:2袋、旭岳源水(2L):1本

8月「スイートコーンセット」

スイートコーン:7本、ブロッコリー:2株、アイコ(ミニトマト):500g、ほうれん草:1袋

9月「秋の野菜セット」

かぼちゃ:2玉、椎茸:1P、にんじん:1.5kg、大玉トマト:1P、ブロッコリー:2株、ピーマン:2袋、こしみそ:500g、旭岳源水(2L):2本

10月「新米東川米セット」

【白米】東川米ゆめぴりか:5kg、【白米】東川米ななつぼし:10kg(5kg×2袋)

11月「初冬セット」

【白米】東川米ななつぼし:5kg、かぼちゃ:2玉、椎茸:1P、こしみそ:500g、トマトジュース:3缶、旭岳源水(2L):1本

1月「越冬ジャガイモセット」

【白米】東川米ゆめぴりか:5kg、越冬ジャガイモ(男爵):2kg、越冬ジャガイモ(農林一号):2kg、スライス乾燥椎茸1袋、切り干し大根1袋、旭岳源水(2L):1本

 

このまちに生きる人々により育まれてきた
-HIGASHIKAWA MADE-

東川ブランドを育んだ、独自の取り組み。

東川町は、豊富な水資源を活かした稲作が盛んなまちだ。約3,000haの広大な田んぼの8割で作付けされ、米の集荷率は95%と全国トップクラスです。今多くの地域で問題になっている耕作放棄地はこのまちにはありません。

良質な環境の中で、ブランド米「東川米」を確立してきたのは、農家たちのプライドを持った農業経営の努力の賜物です。

JAひがしかわを中心に、東川の農家たちが独自のルールをつくり、厳しい栽培基準と低たんぱく、高品質の基準を独自で設け、徹底した品質管理を行っています。

こうした取組によって消費者の信頼を獲得するようになり、2012年には北海道米初の「特許庁地域団体商標東川米」として商標登録されました。

東川米は、現在、他の地域よりも高値で売買され、付加価値の高い商品となっています。

 

北海道産ゆめぴりか・ななつぼし

日本穀物検定協会が全国の産地品種について実施している食味ランキングにおいて、北海道産ゆめぴりかは9年連続、ななつぼしは10年連続(令和元年産まで)で特A評価を得た、食味が優れたお米の品種です。

※商品そのものの評価ではありません。

 

東川米「ゆめぴりか」

JAひがしかわの「東川米ゆめぴりか」は、「ゆめぴりかコンテスト2019」(北海道の新たなブランド形成協議会・北海道米販売拡大委員会主催)で令和最初の【最高金賞】を受賞しました。

 

「ひがしかわサラダ」

東川町の良質な水資源を生かした農産物は米だけではありません。

東川が生産する野菜は、地域が一体となり、生食でも安全に食べることができるほど厳しい栽培基準であるサラダGAPにて生産管理され、パッケージには生産者の顔写真シールを貼ることで“生産者の顔が見える安心安全な野菜”を生産しています。

軟白みつば、トマト、ピーマン、軟白長ネギなど、20種類以上もの野菜がつくられています。

平成28年には東川米同様「特許庁地域団体商標ひがしかわサラダ」として20種類以上の野菜が商標登録されています。

個々の農家の「自分ごと」を超えて、東川ブランドに恥じない農産物づくりを「みんなごと」として取り組んでいます。

それが農業の生産性を高め、質の高い農産物を育み、経済的にも成果を生み出し、地域に好循環をもたらします。

食の豊かさはもちろん、文化の豊かさもこのまちにもたらしています。